星空に魅せられて

関西在住、天文愛好歴30年以上のおじさんが、星にロマンを求めて、ひたすら天体写真を撮っては披露する、マイペースなブログです。

PhotoshopCC

星空が好きな関西在住のおじさんです。
時々石川県にも出没します!
よろしくお願いします🤲

photoshopCC  天体写真画像処理講座

年が明けて、1月の新月期は日本海側は大雪で大変でしたね💦
太平洋側も風が強く、結局出撃できずじまいでした。

そこで暇なんで、2年前に金沢星の会のメンバー向けに作成した
PhotoshopCCの天体写真画像処理の方法(基本)をアップします。
Yahoo!ブログがなくなって最近、PhotoshopCCでの天体写真画像処理
方法がみられなくなったので、ちょっとでもお役に立てればと思います。
とはいえ、拙い解説と技術なんで、知ってる機能も多いと思います。
2年前の動画ですが、久しぶりに見ていい復習になりました。
お暇な方はどうぞ💦

PixInsightを試用してみた。

ブログ更新ずいぶんご無沙汰ですm(__)m。
新月期に晴天に恵まれず、悶々としておりました。
8月末からの新月期から反撃開始です。

お盆休みにだらだらしていると、星の会の仲間の
ひょんな発言から、PixInsightを使ってみようって
話になりました。上級者のソフトというイメージが
あったので、今まで躊躇していましたが、休みで時間が
あるので、いじってみようと思いました。
で、お試しコースをダウンロードして、蒼月城さんの
ブログと動画http://unitec.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/pixinsight-4e1c.html
を見よう見まねでやってみました。

PhotoshopCCに慣れた身としてはマスクの作り方からして全然違うので
だいぶん苦労しました。まだまだ入り口に立っただけですが、PIの凄さの
片鱗を垣間見ました。

まずフラット、ダーク、コンポジット処理ですが、私のフラットがEL板
RGBベイヤーマージを行わないといけないので、PIではうまく出来ませんでした。
フラット、ダーク後の画像をコンポジットしようともしたのですが、フラットが
ありませんとエラー表示が出て、うまくいきませんでした。
もう少し研究してみようと思います。

で、後処理(Post Prosessing)を行うことにしました。

画像はあらかじめステライメージとフラットエイドProでカブリ、傾斜補正を
行ったものをAdaptiveStretchでStrech処理(いわゆる炙り出し)をしてみました。
結構苦労しましたが、出てきた画像はカラーバランスも崩れず、星の色もバッチリ
出て、びっくりしました。今までPhotoshopCCでレベル補正を使って炙り出しを
していましたが、それより上質そうです。

で、その後ローカルコントラストをLocalHistgramEqualizationを使ってみたりしました。こちらも上々でした。

まあこの2つしか使っていませんが、PIの良さの片鱗がわかりました。
その後は結局疲れて、階調もろもろ処理はPhotoshopCC、LightRoomに
逃げちゃいましたが…。

新しい作品を撮影したら、従来のやり方に徐々にPixInsightを加えて行こうと思います。

<PixInsightで再処理したばら星雲>

5CC3E854-B987-4BA0-AE7E-0D4E73FCE57C

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • LED板フラット作成動画
  • アンタレス付近再処理
  • アンタレス付近再処理
  • すさみ遠征 アンタレス付近
  • 手作りフード完成
  • 手作りフード完成
  • 手作りフード完成
  • ε160ED ファーストライト
  • ε160ED ファーストライト