星空に魅せられて

関西在住、天文愛好歴30年以上のおじさんが、星にロマンを求めて、ひたすら天体写真を撮っては披露する、マイペースなブログです。

2013年12月

星空が好きな関西在住のおじさんです。
時々石川県にも出没します!
よろしくお願いします🤲

ばら星雲(NGC2237)フラット撮り直し

冬休みに入ったので、やっとフラットを撮影しました。
私の方法はトレーシングペーパーを使ったスカイフラットです。
64枚撮影しましたが、今回はテストを兼ねてヒストグラムの右寄りのパターンと
左寄りのパターンで撮影し、RAP2にてフラット原画を作成しました。
【ヒストグラム左寄りパターン】
イメージ 1
【ヒストグラム右寄りパターン】
イメージ 2

 意外とムラムラでゴミが目立ちますね(^_^;)。ISO100でやってますがこれでい良いのか「?」です・・・。
 ISOは合わした方が良いという意見もありますね。
 
 取り敢えず1枚撮りのライトフレームにフラット処理をかけましたが、違いはあまりありませんでした。
 どちらかというと左寄りのヒストグラムのフラットの方が画像が平坦な印象がありましたので、これで
 画像処理をすることにしました。
 
 画像は使い回しのフラットでは回折ムラができていましたが、流石に随分とスッキリしました。それでも
 左下隅のあたりは対応しきれてない印象でしたが。
 しかしこれでかなりフラットが合ったので階調をできるだけなめらかな処理を心がけて、自然な感じの
 ばら星雲に仕上げてみました。

 【ばら星雲】
 
イメージ 3

WEBでアップすると微妙に感じが変わるのですが、できるだけ淡麗なバラを心がけてみました。
前に処理したものと比較すると階調のギクシャク感が随分と改善されたように思います。
もう少しバラを浮かび上がらせようとしたら無理もできるのですが、階調が死んでしまいますので、
これくらいにしようと思います。もう少し露光時間があればもっとダイナミックなばら星雲になったかも
知れません。今回はここまでにしようと思います。

【撮影データ】
2013年12月8日22時32分~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)EQ6PRO赤道儀
Lodestarにてオフアキシスガイド
Astro60D(ISO1600) (-19℃) 
露出360sec..×10枚コンポジット を2コマモザイク(microsoftICEにて処理)
スカイフラット(ISO100×64枚)RAP2にて処理 SI5にてコンポジット
SI7 CS5にて処理 (若干トリミング)
撮影地/金沢市山麓

 【追記】
ちょっとコントラストを上げました。背景が荒れ荒れになるのでここいらが限界・・・orz。
イメージ 4



ばら星雲(NGC2237)

年末めちゃめちゃ忙しいので、これも撮って出しで処理しました。
2枚モザイクでしたが、案の定、かぶりまくりでした。特に2枚モザイクでしたので、
ICEで合成するにもレベル補正が必要でした…。
そのために背景からの星雲までの流れがギクシャクしてます。
それとちょっとピンボケです。バーティノフマスクを使ったので安心していましたが、
微妙にピント位置がずれていたようです。またスケアリングも思ったほどまでは改善されていませんでした。
ピンボケにちょっと騙されましたね(^^;)。迷宮入りとまではいきませんが、スケアリング調整装置がきたら、
きっちり合わせてみます。

【ばら星雲】
イメージ 1


【撮影データ】
2013年12月8日22時32分~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)EQ6PRO赤道儀
Lodestarにてオフアキシスガイド
Astro60D(ISO1600) (-19℃) 
露出360sec..×10枚コンポジット を2コマモザイク(microsoftICEにて処理)
フラット使い回し SI5にてコンポジット
SI7 CS5にて処理 (若干トリミング)
撮影地/金沢市山麓

時間がないので派手派手のまんまアップします。そのうち皆様の素晴らしい作品を参考に
時間があるときにゆっくり処理したいと思います。
ではでは( ̄^ ̄)ゞ。

【追伸】
SI7とCS5でちょっといじりました。少し赤以外の色味を出しています。
フラットによる干渉縞や上部に謎のボックスができています。
またフラットを撮り直して一から処理し直します。
イメージ 2



撮って出し!クラゲ星雲 IC443

日曜日に撮影した対象の一つをアップします。
クラゲ星雲です。22時まで月があったので、思いっきりかぶってしまい、おまけにフラットを撮ってなかったんで
以前使っていたフラットの使い回しです(^^;。
おかげでえらいカブリムラとフラットのアンマッチに苦労しました。
取り敢えず撮って出しです。年明けにオフアキがしばたさん家から戻ってきたらフラットを撮り直します。
それでもこれだけカブっていたら無理かも(ヾノ・∀・`)ムリムリ…。

【クラゲ星雲 IC443】
イメージ 1

【撮影データ】
2013年12月8日20時54分~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)EQ6PRO赤道儀
Lodestarにてオフアキシスガイド
Astro60D(ISO1600) (-19℃) 
露出420min.×10枚 コンポジット
フラット使い回し SI5にてコンポジット
SI7 CS5にて処理 (若干トリミング)
撮影地/金沢市山麓

この写真Gが少ないと思います。それはカブりまくったから捨てたんです…(*´∀`*)。
やはりいい条件の空で撮影するのが大切ですね。
それとsloさんの仰るとおりシンチュレーションが悪かったからか、解像度がイマイチです。
あっ!それ以前にピントが甘いです(^^;)。
この対象を撮影する割には露出時間も短かったですね。
まあスケアリングの調整が今までで一番よかったので、自分としては準ニワトリとしては
まずまずと思っています。
また今年の懸案だった輝星ハロも大いに改善しました。そう言う意味では、作品の出来は
ともかく今年一年の苦労が報われたかなと思っています(自己満足です(^^;))。
また画像をいじるかもしれませんね。
もう一つの対象は2枚モザイクなので、かぶりとの戦いですね。こっちの方が難易度が高そうです。
これは来週以降に取り掛かろうと思います。
ではでは( ̄^ ̄)ゞ。

【追伸】
フラットエイドを使いました。流石に星雲の情報が削られますね…。
イメージ 2

12月8日今年最後の出撃

ちょっとブログの間が空きました(--;)。
ここのところ北陸は曇天続きでなかなか出撃できなかったのですが、日曜日の夜に久しぶりに晴れたので近所の山に出撃しました。
やはり自動導入はいいですね!これまでの5倍は撮影効率が上がった気がします。
2対象撮影しましたが、夜半には撤収しました。
市街に近いのと月のせいでかぶりが酷いのと、フラットを使い回したので画像処理は手間取りそうです。年末でくそ忙しいのでアップはもう少し後になりそうです。
もうひとつ成果は、スケアリングがかなり改善したことです。まだスケアリング調整装置は着いてませんが、レーザーコリメーターでテープを貼って調整したらかなり改善されました。まだ左上が流れてますが、スケアリングが合えば四隅もこんなに丸くなるんだと驚きました!
ダイイチさんに依頼したら、忙しそうで、返事が来ないので、今はほしぞら工房のしばたさんに作成をお願いしています。
処理後の画像は大したことないですが(--;)、来期に向けてほぼ撮影システムが固まってよかったです。あとはフラットかな?
ではでは。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • PixInsightを試用してみた。
  • 梅雨の合間に露対策
  • 梅雨の合間に露対策
  • 梅雨の合間に露対策
  • 今頃ぽちっとな…。
  • 今頃ぽちっとな…。
  • GW遠征~奥能登
  • GW遠征~奥能登
  • GW遠征~奥能登