星空に魅せられて

関西在住、天文愛好歴30年以上のおじさんが、星にロマンを求めて、ひたすら天体写真を撮っては披露する、マイペースなブログです。

2013年09月

星空が好きな関西在住のおじさんです。
時々石川県にも出没します!
よろしくお願いします🤲

白山麓撃沈と出直し

土曜日の夜に、白山麓に星の会の仲間と出撃してきました。
金曜日にsloさんからお誘いがあったのですが、仕事疲れで一日延ばしました。
土曜日は日中から雲が多く、難しそうな天気。やはり金曜日にsloさんと行っとけば
よかったかな?とちょっと後悔しつつ、現場へ車を走らせると・・・次第に雲が減って
澄んだいい空になってきました。

現場に着いたら星の会のメンバーの車がズラリ。皆さんお早い到着だったようで
私もそそくさと組み立てをしました。
本日は久しぶりモザイクでガーネットスターを軸にケフェウス座の散光星雲を狙おう
と思い、早速ガーネットスターに狙いを定め、星雲の位置を確認するために試写をバチバチ。
うーん淡くてよくわからない・・・。そうこうしているうちに雲が攻めてきました・・・。
いったん小休止している間に望遠鏡がイナバウアーしてきました。そこで泣く泣く手動反転。
改めて星雲の位置を確認している間に時間が刻々と経って、もうすぐ月の出。
そこで8枚モザイク予定を構図を変えて6枚モザイクにして撮影開始。その時点で22時を回って
いました。すると再び雲の集団が襲来。ストップしているうちにPHDガイディングを止めるのを
忘れて望遠鏡が暴走!泣く泣くモザイクをあきらめました・・・。

せめてひとつは撮らないとと、M45に狙いを決めて再度撮影。お手軽オートガイド放置プレイ
をしましたが・・・まもなく月の出。明るい月に見る見るうちにM45はカブリはじめました。
そこでジ・エンド。撤収となりました

自動導入でさくさくと撮られて収穫いっぱいの星仲間の笑顔がうらやましかったです。
また帰ってM45を見たら、中心部はジャスピンでしたが、左側がピンボケでした。
スケアリングの調整不足がモロに出ていました

疲れた体で家に帰り、よくよく考えました。
やはり手動モザイクは大変。一晩きっちりと晴れないと難しいです。雲間に狙うものでは
ないですね。
あとスケアリングはのっぴきならない段階にあるようです。まずはカメラ本体の調整から
はじめようと、レーザーコリメーターを買いました。これからよっちゃんさんのブログを参考に
まずはカメラ本体のスケアリングを調整して、そこから順を追って接眼のの調整に
移りたいと思います。しばらくはテストに徹します・・・。

追伸
Astro60Dですが、お店とメーカーさんのご厚意で、クリアフィルターに換装していただける
ことになりました。ご無理を言った分、感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいです。
アドバイスをいただきましたGENTAさん、大変ありがとうございました。
半月ほど入院したら戻ってくるそうです。戻ってきたらスケアリングテストをして、11月の
最終出撃(北陸はそうなんです。)に備えたいと思います。

月夜の撮影テスト

月夜ですが、いい天気でしたので、星の会の有志とテストに近所の山に
行ってきました。
私の目的はスケアリングテストです。まずは光軸ですが、厳密には見ていないのですが、
星像を見る限り特にずれている感じはありませんでした。
しかし撮像すると左側、特に左上が星が伸びています。
そこでセロハンテープを接続環の左上に2枚ほど貼って厚みをつけて撮影してみると、
星はいびつですが左右の極端な差はなくなった感じでした。
しかし、目立ったのは色にじみです。四隅だけではなく、四辺にも現れます。これが
星像を肥大化させているのは間違いなさそうです。やはり内蔵フィルターに問題ありの
意を強くしました。

お店にもメーカーと交渉を試みてもらっていますが、まだ具体策が出ていないみたいです。
むしろクリアフィルターに換えてもらってFFでUV/IRカットフィルターを付けてもらった方が
いいのではないかと思うようになりました。お店にもその意を伝えています。

とりあえず、冬までに撮影する時間があまりないので、今シーズンはこのまま行きそうですね。

新月期は家族旅行の予定なので、来週は晴れたら撮影に行きたいです。

天高く馬肥ゆる秋

台風一過、北陸は快晴となりました。
京都・滋賀・福井では台風の被害が深刻で、私も仕事柄これからの収拾に追われそうです。
被害に会われた方に心よりお見舞い申し上げます。

それにしても気持ちのいい空です。空気も一気にひんやりしてきました。
いよいよ本格的に秋が来ました。
こんな日はうずうずして出撃したいのですが、あいにくこれから満月期。なかなか天気と星見
のスケジュールは合わないものですね。
それでも週末には望遠鏡の調整にでかけようかなと思っています。

【秋晴れの風景】
遠くに白山が見えています。
イメージ 1


アンドロメダ大銀河

せっかく90分も露出したので、外縁部をどこまで浮き上がらせるか
やってみました。やればやるほど派手派手になるので、できるだけ軟調な仕上げ
にしています。やはり冷却デジカメはノイズが無い分、画像が破綻しにくい
ですね。
星像の歪みは見ないふりをして下さい(*´∀`*)。
※画面下のケラレはグラデーションマスクで消しました(*≧∀≦*)。
処理をするたびにだんだん派手になってきました(^^;)。

【アンドロメダ大銀河】
イメージ 1



急遽遠征&テスト撮影

9月10日の夜、空の状態がよかったので、急遽白山麓へ遠征に行くことになりました。
sloさんからもお誘いのメールを頂きましたが、すぐ近くの場所で星の会のメンバー
と一緒に撮影となり、sloさんとはお互いに空の状況を確認し合っていました。
空は秋らしくよく澄んでおり、途中すじ雲に阻まれましたが、それ以外は天の川の
綺麗な素晴らしい天気でした。惜しむらくは次の日朝仕事だったので、夜半には
帰らなくてはならなくなったことです。
おかげでかなりドタバタな手順で撮影となり、失敗だらけで終わりました…orz。

イメージ 1


撮影データ】
2013年9月10日22時21分~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)タカハシ90S赤道儀(K-ASTEC改)
lodestarにてオフアキシスガイド
Astro60D(ISO1600) (-7.2℃) 
露出10分×9枚 コンポジット
RAP2にてフラット処理(ダークなし) SI5にてコンポジット
SI7 PhotoshopCS5 にて処理
撮影地/白山麓

なんせ何を撮るかも決めておらず、行き当たりバッタリでした。PHDguidingが1時間くらい
不調で調整に手間取ったのも焦った原因ですかね(言い訳(^_^;))。M31の構図もものの見事に
ずれています。またピントもボケてるし、スケアリングも悪いです。特に左上の星像が伸びて
います。SI7のスターシャープとCS5の星マスクでだいぶんごまかしましたが、やはり素材が
良い作品に比べると星が死んでますね…orz。
また前から気になっているフラットのムラ、特に下部のケラレが目立ちます。改めてフラットを
撮りなおす必要がありますね。
処理はとりあえずのやっつけですのでまたいじるかもしれません。一つ良い点があるとすれば
ピンボケなのに色にじみが出なかったことと色味が派手すぎるくらい豊富に出ることです。
ここら辺は銀河らしくもう少し自然な発色にまた変えていくと思いますが、冷却デジカメの
可能性を感じました。
言い訳で「テスト撮影」と言ってますが、技術向上のため、どんどん突っ込んでやって
くださいまし(_ _)。

【おまけ】←我ながら好きですねぇ~
<外縁部強調バージョン>
イメージ 2


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • PixInsightを試用してみた。
  • 梅雨の合間に露対策
  • 梅雨の合間に露対策
  • 梅雨の合間に露対策
  • 今頃ぽちっとな…。
  • 今頃ぽちっとな…。
  • GW遠征~奥能登
  • GW遠征~奥能登
  • GW遠征~奥能登