今日も天気が良くなかったので、とりあえずフラットなしでアメペリ&サドル処理してみました。

【撮影データ】
2014年8月29日00:31~
CANON EF100mm F2.8Lマクロ IS USM (f2.8→f3.5)EQ6PRO赤道儀
ガイド鏡 D:50mm、f:185mm、F3.7 Lodestarにてガイド
Astro60D(ISO1600) (-5℃) 
露出300sec.×4  DSSにてコンポジット ダークなし フラットなし 
SI7・CS6にて処理

イメージ 1

【コントラストアップ・トリミング版」
イメージ 2

フラット処理をしていないのと、光害が酷い金沢市郊外で、かつ水蒸気と雲に邪魔されて20分露出しか
できなかった(完全言い訳(-_-;))のですが、星のシャープさ、色味の豊かさに驚いてしまいました。
ここでは目立ちませんが2段絞ったのですが四隅はさすがにちょっと流れています。
驚いたのはピクセル等倍したらさらにその半分程度のガイドの乱れ(たぶんレンズのたわみ)まで
わかってしまいました。恐るべし100mmマクロ。
Yahooブログの画像が小さくて暗いのが悲しいところです

これを空の条件の良いところで撮影したらと思うと喜びを隠しきれませんでした。本当にsloさんには
感謝です。

もう少し試写してカメラの支持システムも考え直さなくてはなりませんが、いいレンズで撮ることの
大切さを身に染みて感じた夜でした。次の出撃が待ち遠しいです!