首を長くして待っていた、冷却カメラが韓国から戻ってきました。
なかなか検証テストができなかったのですが、夏休みに時間ができたので
今日改めて検証テストをやってみることにしました。
まずはレーザー光にCCD面が直角になるようにセッティング。
イメージ 1

次にマウント面に鏡を置き、レーザー光に対して直角になっているかをチェックしました。
(鏡はマウントの凹凸部分は避けて置いています。この写真はモデルカットです)
イメージ 2

その結果、完ぺきではありませんでしたが、ほぼレーザーコリメーターの中央近くにレーザーが戻って
来ました。
イメージ 3

以前はこれが30cm位ずれていたので、CentarlDSさんもかなり神経を使って調整されたようです。
とにかくカメラレンズでは何とか使える目途が立ちました。よかったよかった。
あとはしばたさんのスケアリング調整装置でオフアキ装置のスケアリングは更に追い込みました。
これでR200SSも今まで通り使えます。

やっと待ちに待った撮影に行けます。そこで以前ゲットしたガイド鏡とカメラをセッティングしてみました。
あれ?ガイド鏡のアリガタがファインダー脚のアリミゾに入らない!(;´・ω・)(-_-;)!
焦って試行錯誤の結果このようなシステムになりました。
イメージ 4

斜めから見たら…。
イメージ 5

雲台がぜい弱なので風が吹いたらやばいかもしれませんね。100mmのレンズを200mmのガイド鏡でガイド
するという変なシステムですが、まずはこれで白山麓や中国地方へ出撃しようと思います。
露よけはヒーターとハクキンカイロで当面はしのぐつもりです。

さっそく来週新潟出張から帰ったら、そのまま白山に行きたいのですが、どうも天気が悪い。
もうすぐ夏も終わります。早く出撃したいですね!

追伸:実はこんな飛び道具を持ってました。manfrottoの望遠レンズ固定装置です。
ちょっと重いので使うのに躊躇していましたが、これでやってみようかしら?
イメージ 6