梅雨入り前の5月31日から6月1日まで、いよいよ満を持して?関西初遠征に行ってきました。
行き先は紀伊半島高野山から龍神スカイラインでもう少し奥に行ったところです。護摩壇山近く
でしょうか?
甲子園から荷物を古い車に詰め込んで、進むこと3時間。思ってたんと違う!渋滞の都心を
抜けて橋本から山登りを始めるとひたすらカーブの連続。あまり運転が好きではない小生に
とって天体撮影より堪えました(もちろん帰りも・・・。)
やっと到着すると何人か観望派、撮影派の方が来られていて、私も丘の頂上付近でセッティング。
空が暗くなるのを待ちました。
思っていた以上に大阪の光が明るい。いつまでも夕暮れが終わらない感じです。
対して東と南はとても暗かったです。緯度が石川県より低いせいか、この夜は黄砂が酷かったの
ですが、さそり座がとても高く見えました。
夜半近くになると街の光もかなり暗くなり、南を中心に天の川が濃くみえました。さすが関西屈指の
撮影地です。

とまぁそんなわけで撮影を開始したのですが、この日はアンタレス付近の再度挑戦。
前回下半身を21分ISO3200で撮影したのですが、今回は1時間IS1600でモザイクしてみました。
結局21時半くらいから始めて、薄明前の2時半で合計4枚ゲットしました。

【アンタレス付近モザイク一部(上半身?)】
イメージ 1





【撮影データ】
2014年5月31日21:18~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)EQ6PRO赤道儀
Lodestarにてオフアキシスガイド
Astro60D(ISO1600) (-17℃) 
露出600sec.×6 4枚モザイク DSSにてコンポジット ダークなし EL板フラット 
SI7・CS5にて処理
奈良県龍神付近

Tamiさんにずいぶんと画像処理を教えて頂いて、まずは画像処理をしてからそれぞれの
階調を合わせてつなぐ事にしました。この画像はもう一段くらいレベル強調できる素材
なのですが、色ムラや輝度ムラをもっと補正しなくてはいけません。突っ込みどころ満載
です(汗;。ですのでこれからいじりつつ画像を差し替える可能性が高いですw。
で、さすがに1時間露出でS/Nはかなり改善されました。しかし淡い・・・。

もうひとつおまけで薄明前にM20を30分でチャチャっと撮っちゃいました。

【M20付近】
イメージ 2


【撮影データ】
2014年6月1日02:50~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)EQ6PRO赤道儀
Lodestarにてオフアキシスガイド
Astro60D(ISO1600) (-17℃) 
露出600sec.×3 DSSにてコンポジット ダークなし EL板フラット 
SI7・CS5にて処理
奈良県龍神付近

これは実に簡単に撮影できました。やはり南の空の条件がいいんでしょうね。カブリもあまり
感じられませんでした。黄砂が飛んでいるにもかかわらずBもよく出ていると思います。

今回フィルターはHEUIB-Ⅱをコマコレクターの前にねじ込む仕様で撮影し、フィルターゴースト
の回避に努めましたが、そのせいなのか空の条件なのか星に色にじみを感じました。
次に撮影したときに同じ状態であれば困ったなと思います。

それと最大の懸案は「画像処理パソコンが遅い」ことですかね。いまだにXP使ってますが、
そろそろ火を吹きそうです。デスクトップがいいのですが、単身赴任の身として機動性のある
ノートの性能が高いやつをそろそろ物色しようと思います。

それではまた。ありがとうございました。