年末にしばたさんに作成頂いたスケアリング調整装置をR200SSに装着してスケアリング調整をしてみました。
イメージ 1

接眼部にこのようにダイレクトに装着します。私の場合はカメラのCCDチップが接続部と水平でないことから起こるスケアリングエラーの要素が大きいため、R200SSへの装着の場合、カメラ位置を固定しないといけません。

ちょっとわかりにくいですが、このように接続位置にシールを貼って常に一致させることにしました。
(この写真ではちょっとずれてます(^^;))
イメージ 2

そして今度はこのスケアリング調整装置とカメラの接続位置を一致させるようシールを貼りました。
イメージ 3

ちょっと不格好ですが、これでカメラの傾きが常に望遠鏡の接続部と一致させることができ、スケアリング調整
した状態をキープできます。

イメージ 4

そしてこのままレーザーコリメーターを使ってスケアリング調整。押しネジ、引きネジでレーザーが元の位置に戻るように調整しました。

 
イメージ 5

このままでは横位置でしか撮影できないため、90度横にもシールを貼りました。めんどくさいですが、縦構図での撮影の時はここを軸にスケアリング調整をし直すことになります。

スケアリング調整装置は頑丈なのでガタはありません。また光が外から漏れ入ることもなさそうです。
先にはなりますがこれで撮影テストをしてみたいと思います。
次はフラット撮影テストですね。今日は時間がないので、改めて休みの日にテストしたいと思います。