先日キゴ山で撮影したM16イーグル星雲を処理しました。
 
イメージ 1

撮影データ】
2013年7月8日21時22分~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)タカハシ90S赤道儀(K-ASTEC改)
lodestarにてオフアキシスガイド
Astro60D(ISO1600) (-1.8℃) LPS-P2フィルター
露出10分×8枚 計80分
RAP2にてフラット処理(ダークなし) SI5にてコンポジット
ステライメージ7 PhotoshopCS5 にて処理
撮影地/キゴ山

歪んだ星像を切り詰めるためにSI7のスターシャープとCS5の星マスクで切り詰めましたが、
ボテっと感が否めません。星の歪み、滲みの主要因はピンボケにあるのかもしれません。
M16は中心部と周辺部の輝度差が激しいので思いのほか処理が難しいですね。
本当にこれでいいのかわかりません。とりあえず作りすぎない程度に処理したつもりですが・・・