北陸も夏だか梅雨だかわからない天気が続いていましたが、この週末から梅雨らしくなったみたいです。
今日は父の日で娘たちからお手紙をもらってほっこりした一日でした

天体の方は相変わらずこの間撮ったサドル付近の再処理をせこせこやっていますが、いっこうに良くなりません。っていうよりだんだん悪くなって行っている感じ・・・。やはり露出時間からして色情報に限りがあるのかもしれないですね

ところで、先日アップした画像はMicrosoftのフリーソフト「ICE=(Image Composite Editor)」を使いましたが、
改めてCS5のPhotomargeを使って再度モザイクをしてみました。最初上手くつかなかったので、
画像解像度を落として合成したら上手くいきました。ところが、一見自然についているように見えるの
ですが、よくよくγ星のスパイダーを見たら、見事に切れてずれています。解像度を変えて何度もやって
みてもやはり変わりませんでした。
そこで、皆さんのWEB情報を元に手動でつなげて自動整列、自動合成機能を使おうとしましたが、エラー
でくっつきませんでした。うーん難しい・・・。
一方MicrosoftICEの方も一見綺麗にくっついているのですが、彩度を上げたら、玉虫色のような変な
模様が浮き出て来ました。簡単に合成できる分どこかで変な切り貼りをしているのかもしれません。
今のところ現像して階調を上げた時に色味が豊かなのはMicrosoftの方なのですが、本当に正しい
色なのか「?」です。

とにかく赤い星雲は初めてなのですが、皆さんの作品を見ているともっといろんな色が出てきそうな
星域にしては赤みが強すぎる気がします。この辺りは露出不足が影響しているのかもしれません。
また意外とカブリが多かったのは富山湾の漁火のせいでしょうか?モザイクのカブリ補正は
気が遠くなりそう・・・

今回のサドル付近は程々にして、次の対象で課題をクリアしていった方が早そうです

追伸:6/17 Photomarge処理でのサドル付近をアップします。
        6/18 星の輝度を上げたものに差し替えました。
イメージ 1


明度・彩度を少し控えめにしました。星の青の輝度・彩度だけ上げました。やはり露出が短いせいとムラを取るときに画像情報も随分と削られたせいか、階調が全体的に硬く、平面的です。次への課題ですね。