先日ガイドテストで使ったM101の素材を5枚コンポジットしました。なんせISO6400で光害の下で撮ったので
画像は見れたものではありませんでした。特に彩度が全然出なかったのでありとあらゆる邪道を駆使して
最後はフラットエイドでごまかして?仕上げました。
イメージ 1

【撮影データ】
2013年5月12日21時21分~
ビクセンR200SS(D200mm f800mm F4)タカハシ90S赤道儀(K-ASTEC改)
lodestar+PHDguidingによるオフアキシスガイド
Astro60D(ISO6400)LPS-P2フィルター
露出10分×5コマ
RAP2にてフラット処理(ダークなし) SI5&7 PhotoshopCS5 フラットエイド にて処理 (トリミングなし)
撮影地/キゴ山

なんせ、色がないところに色を出そうと、SI7のLab調整、CameraRawで彩度アップ、CS5で彩度アップをした
ので背景も荒れ荒れでした。フラットエイドでちょっとマシなりましたが、それまではレインボーな背景
でしたやはり、本格的に撮るには長い露出時間で暗くていい空の下で撮りたいですね。
ハッハッハ、こんな撮り方は冷却デジカメの意味があまりないかも

ちょっとトリミングしました。
イメージ 2